シミとそばかすの違いとは?

シミとそばかす、よく耳にしますが、この2つの違いって一体何なのでしょうか?
30代前半女性
化粧品のCMや説明などを見ても、
シミ・そばかす」と2つセットで表記されている事が多いので、
違いがはっきりとは分りませんよね?

 

実は、シミとそばかすは、できる原因や生成サイクルなどはほとんど同じだそうです。

 

にもかかわらず、全く別ものと言われるのは、
下記のような対照的な特徴を持っているからです。

 

一番大きな違いは、出現する年齢や時期でしょうか?

 

まず、シミとは肌のメラニン色素が増えた状態を指します。
30代を過ぎた女性の肌によく出現します。

 

現れる場所は、ほほやひたい、目の周りが多く、
顔の左右対称に現れる特徴があります。

 

一方、そばかすは5歳くらいの幼児期から思春期のあいだに発生する色素斑のことです。

 

この色素斑は、紫外線を受けると色が濃くなる場合があります。

 

そして、目の周りやほほに現れやすいという特徴があります。
また、大きさは一つが米粒くらいで、一カ所に複数集まって現れます。

 

肌の白い人にそばかすが出来やすいのは、色が白い人ほど紫外線から身
体を守ろうとメラニンを生成する働きが活発になるからです。

 

この働きを紫外線防御機能とよびます。
太陽から出る紫外線
そばかすは、紫外線防御機能の影響でできるのです。

 

つまり、シミは生活の中で受けた紫外線などによる後天的なもの、
そばかすは紫外線防御機能によるものが大部分であるとも言えるのです。

 

見た目には違いはさほどありませんが、
シミとそばかすには、このような違いから、全く別ものと言われています。
シミとそばかすの補修には失ってしまったコラーゲンの補充が重要なポイントなんですよ。

混合肌を改善できるスキンケアの方法ってあるの?

額や鼻などはテカテカ、黒ずみやニキビが多く、反対に口周りや頬はカサカサ、白く粉をふいてしまう!

 

一つの肌の中に、そんな真逆な症状が現れている肌を、混合肌といいます
メイクする女友達
一見すると、相反するトラブルが現れているからスキンケアをわけなければならなくて大変!と、
思ってしまいますが、実は、額のべたつきも、口周りのかさつきも原因は一緒。

 

水分と油分のバランスが崩れているというだけなのです。

 

ですから、混合肌を改善するためには、
水分と油分の分泌のバランスをきちんと整えてあげることが大切。
むくみ改善も大変重要なポイントとなります。

 

それだけで、肌は均一に調子が良くなっていきます。
一番重要なのはやはり洗顔です。

 

洗顔で皮脂や水分を奪いすぎてしまうと、べたつき、かさつき、両方のトラブルが現れてきます。
ちなみに私の愛用しているのはココキスです。
固形石鹸
肌に刺激の少ないシンプルな固形石鹸を使って、
一分以内で手早く洗顔を済ませることを意識してください。

 

その上で、べたつきが気になる部分だけ二度洗いをします。
保湿は、かさつく部位だけでなく、やはり全体を念入りに。

 

保湿がしっかりされていれば、過剰な皮脂がでなくなり、べたつきも抑えられていくんですよ。

 

もちろん、かさつきも緩和されます。

 

こちらも洗顔と同じく、そのあとで、かさつきが気になる部分だけ保湿剤を重ね付けしましょう。
どうしても保湿剤を付けたくない場合は、保湿効果の高いクレンジング剤がおすすめです。

 

maNara化粧品の人気商品「マナラホットクレンジングジェル」は美容液で保湿できるので、
特に肌が弱い方や、乾燥肌の方に良いと言われています。
スキンケアをする女性
また、基本のとり過ぎないスキンケアに、部分的にプラスのスキンケアを取り入れるという考え方です。
肌の調子が上向くにつれ、このプラスの部分は減らしていっても構いません。
オススメなのは、http://www.noto-gt.jp/で紹介している、
インビィ カーボミストですよ。

更新履歴