シミとそばかすの違いとは?

シミとそばかす、よく耳にしますが、この2つの違いって一体何なのでしょうか?

 

化粧品のCMや説明などを見ても、
シミ・そばかす」と2つセットで表記されている事が多いので、違いがはっきりとは分りませんよね。

 

実は、シミとそばかすは、できる原因や生成サイクルなどはほとんど同じだそうです。

 

にもかかわらず、全く別ものと言われるのは、
下記のような対照的な特徴を持っているからです。

 

一番大きな違いは、出現する年齢や時期でしょうか。

 

まず、シミとは肌のメラニン色素が増えた状態を指します。30代を過ぎた女性の肌によく出現します。
現れる場所は、ほほやひたい、目の周りが多く、顔の左右対称に現れる特徴があります。

 

一方、そばかすは5歳くらいの幼児期から思春期のあいだに発生する色素斑のことです。

 

この色素斑は、紫外線を受けると色が濃くなる場合があります。

 

そして、目の周りやほほに現れやすいという特徴があります。
また、大きさは一つが米粒くらいで、一カ所に複数集まって現れます。

 

肌の白い人にそばかすが出来やすいのは、色が白い人ほど紫外線から身
体を守ろうとメラニンを生成する働きが活発になるからです。

 

この働きを紫外線防御機能とよびます。

そばかすは、紫外線防御機能の影響でできるのです。

 

つまり、シミは生活の中で受けた紫外線などによる後天的なもの、
そばかすは紫外線防御機能によるものが大部分であるとも言えるのです。

 

見た目には違いはさほどありませんが、
シミとそばかすには、このような違いから、全く別ものと言われています。

 

バランローズ生エッセンスローション
シミとそばかすの補修には失ってしまったコラーゲンの補充が重要なポイントなんですよ。

更新履歴